秋吉台ロゲイニング2018

This gallery contains 6 photos.

2018年5月20日(日) ニックネーム:eri 秋吉台を満喫できるこのロゲイニング大会を もっと多くの方に知っていただきたい! そう思って、今回レポートを書きました。 ロゲイニングとは、指定された時間内にいくつものチェ … 続きを読む

2015下関海響マラソン:圭さん

ニックネーム 圭

年齢 58歳

性別 女性

走歴 3年目

 

マラソン完走回数 4回 (くすのき、海響2回、佐賀、)

2015年の完走タイム グロス 5時間34分53秒(ネット 5時間29分04秒)

月間走行回数 12日/月

月間走行距離 100キロ

最長          120キロ

最短      80㌔

<練習内容>

・良かったと思う事

◎ セミナーパーク6時間走

◎ トレラン(大原湖・白竜湖)

◎ 周防大島スーパーマラニック50㌔

<生活習慣>

◎ 当日の朝、お餅を食べました

◎ 足攣り防止の為、前夜、朝食、直前、バナナを食べ、直前に疎経活血湯を飲みました

◎ 1週間前からカフェイン(コーヒー・緑茶)を控えました(トイレに行かない為)

◎ カルシウム補給の為、明治ラブ(牛乳)を飲みました

◎ 体重管理 走るより難しくなかなか減量出来ません。いつも見苦しい姿で申し訳あ

りません。楽に走る為にも減量に努力します

<レース内容>

上手くいった事

  • ペーサーに引っ張って頂いたので、ペース良く楽に走れました
  • 中村コーチから、身体は少し早く反応すると聞き、レース中も足が攣りそうになったら早

目に過疎経活血湯を飲みました

  • 水分不足にならぬよう、エイドで必ず水分補給、パンや飴を食べました

失敗した事

  • 特にありません

良かった事

  • ペース良く走る事が出来、笑顔で目標タイム内にゴール出来た事

 

<私のレース記>

今回、私は3度目の下関海響マラソンに挑みました。3年前は出島の先の28.9㌔地点で足切、去年はK氏に上手く引っ張って頂いたものの、走力不足の為、完走したとはいえ、残り56秒を残すだけの不甲斐ないものでした。今年は試走会の最後に足が攣り、去年の後半の苦しさを思い出して、不安と恐怖を抱いたスタートとなりました。

今年は、はるばる鳥取から駆けつけて下さった岡崎氏が5時間半のペースで引っ張って下さり、中村コーチと共にスタートしました。途中、長府の折返しを過ぎた維新の先輩達と会い、沢山の元気を頂きました。特に、尊敬する先輩が「ゴールで待っているからね」と力強い応援を下さり、勇気百倍。去年は「必ず帰ってくるのよ」と言われ、苦しい中でもずっと心に響き、ゴールへと背中を押してくれました。

長府の折返し直前から彦島の入口迄は岡崎氏と二人になり、何が何でも脱落してはならない、と意を強くしました。途中、右足裏が痛くなりましたが、風車のエイドであんぱんを頂いたら、その痛みがなくなりました。今年はお天気にも恵まれ、気温も丁度良く、去年のような向かい風も無く、穏やかに走れました。

スタート時にはゆっくりしたペースだった為、もっと速く走っても・・・、と思っていたのですが、出島の折返しからゴールまでは距離を短く感じられ、結果的にこのペースで正解だったと実感しました。マラニックもトレイルも体験しましたが、つい歩いてしまおう、と安易な考えになるのですが、今回は無理のないペースだったので、歩きたいという事も無く、楽しく走る事が出来ました。

最後は岡崎氏を中心に3人で手を繋いでゴール出来て、しかもネットでは目標の5時間半を達成して感激でした。良いペースで引っ張って頂き、無理がなく、夢のような楽しい時間でした。改めてマラソンの楽しさを体験出来たレースとなりました。

2015下関海響マラソン:Tokuさん

年齢:47歳
性別:男性
走歴:5年

フルマラソン完走回数(今回含め):4回(海響3回、すくのき1回)

2015年の完走タイム:3時間28分41秒(ネットタイム3時間26分18秒)

月間走行距離(H26.10-H27.10)
年間平均285km/月
最長:453km(H27.7)
最短:149km(H26.12)
平均月間走行日数:16日

●練習内容
良かったと思うこと(今年になって行ったこと)

【トレラン】
今年3月に初め、今ではこれをメインにレースエントリーしている。
体幹が鍛えられ、坂道に対する苦手意識も少なくなった。

【ロング走】
維新ランナーズでの6時間走、単独での100kmなどで距離に対して自信が持てた。

【真夏の走り込み】
維新R仲間のアドバイスに「真夏の走り込みが後半の体力」とあったので、7月~9月は月間300kmを目標として距離に重点をおいた。

【試走会】
試走会などでコースを把握していることが、気持ちの余裕に繋がった。

【ビルド走】
毎週木曜日のCブロックの練習と体調が良ければ火曜日も実施した。
スピード練習はこの程度、しかも1日10km程度であった。

【萩石見空港マラソン】
このレースを仮想海響マラソンと思い、ペース配分を考えず、とにかく、最初から飛ばして、どこまで行けるかを試した。
その結果、あまりペースを落とさず、キロ4:40を達成出来たことが、自信に繋がった。

●生活習慣

鉄分の摂取
鶏レバー・ゴマを好んで食す
プロテインの摂取
負荷の多い練習はしたその夜の寝る前に飲んだ。
アルコール
飲みたいときに飲む(前日まで実施)
食事制限
特にカロリー・量共に制限無し

●レース内容

【うまくいったこと】
今回はCブロックからサブ3.5を狙うと決めたので、時間的余裕がない、とにかくキロ4:40~4:50になるまで最初から飛ばして行った事。この作戦で予想以上に痛みも無く、体力も最後まで持続出来たこと。今までの練習の成果だと思った。

【失敗したこと】
特になし

【良かったこと】
1.今回のレースは天候に恵まれたこと。
2.膝などの痛みがあまり出なかったこと。
3.維新Tシャツ着用で、仲間の声援が受けられたこと。
4.維新に入会し、友達でありライバルが増えたこと。
などがすごく良い結果に繋がったと思います。

●総評
去年までは漠然と、海響マラソンの完走を目指す程度でした。
今年は、去年10月から維新ランナーズに入会し、多くの方々と親交を深めて行く中で、年初からトレランを始め、ウルトラマラソンにも参加するなど様々な練習会やレースに誘っていただき、そのすべてが今回の結果に繋がったことと自負しています。
これからも共に楽しく、時にはライバルとしてRUN生活を送って行けたらと思います。

第18回 ピクニックラン桜江

今年も参加してきました、夏練習のバロメーター、ピクニックラン桜江
朝4時半に山口を出発し、7時頃に現地到着。

DSC_0116

着替えて食事して、スタート地点の水の国へ移動。
トイレに行ったり準備運動をして、9時半にスタート!
今年も例年どおり、暑いレースとなりました。

今年は例年より走りこんでいるので、最初からちょっと頑張ってみましたが、

やはり後半、じわじわと疲れが出てきました。
なにより暑さが堪えたので、全てのエイドで給水し、頭から水をかぶりました。
10キロ過ぎのエイドでジェルを摂り、山登りに備えました。

一年目は歩いたこの山も、今ではなんとか走りきれるようになりました。 山の頂上でサプリを摂り、一気に下って次の山を目指します。
このあたり、すっかり暑さでバテてきてまして、エイドごとに水をかぶって
なんとか走り続けてる感じでした。
なんとなく塩分を摂らずに走っていたため、ラスト3キロあたりから
完全に足が止まってきました。なんとかジョミを摂って山を登りましたが、
歩いているような速度でした。DSC_0119
残り2キロを切ったところで、頭がフラフラして来たので、立ち止まって
バイザーの下にかぶっていた帽子代わりのBuffを外し、塩熱サプリを摂りました。
少しでも頭を冷やしたい状態で、タイムが落ちるとか考えている余裕ありませんでした。
ここで立ち止まったことで少し持ち直し、あとは一気にゴールまで粘りました。
記録的には1時間54分2秒と、昨年より12分30秒の短縮でしたが、後半だけ見ると
昨年のほうが約2分速かったです。やはり前半突っ込んで落ちたってことですね。
まあ、走り込みの成果があったので、ここまで頑張れたんだと思うことにして、 次回は早めに

塩分を摂って、体も冷やしながら走ることにします。

ゴール後はスイカを食べながら、仲間のゴールを待ち、温泉に入りましたが、
温泉・・・混みすぎ。
今回初めて、洗い場の行列が風呂の外、更衣室まで伸びてました。
15分くらい裸で待ってたかなー。 
それにしても、温泉の下駄箱で裸になってたおじさんが居たのは、何だったんだろうw
あそこで脱いでたってことは、着るときもあそこなんだろうな。見たくないなw

風呂あがりに、おにぎりとそうめんをいただき、バスで受付会場に戻り、
高速経由で山口に戻ってきたのが16時過ぎ。
暑かったけど、中身の濃い一日でした。来年もまた参加したいと思います。

大阪マラソン2013:mitch

大阪マラソンに2年ぶりに参加してきましたので、その時の気付きなどを。

IMG_1603朝5時に起きて足裏、ふくらはぎ、足首、膝をテーピングしてたら、もう5時45分。
急いで支度して6時にチェックアウト。
朝食として吉野家で納豆定食を食べました。暖かいご飯を食べることが出来て良かった。でも、6時過ぎに食べて9時スタートだったが、8時半くらいまでお腹が重かったので、もっと早い時間に食べるとベストだったかも。

スタート前にVESPAを飲んでエネルギー追加。
美味しくて飲みやすかったです。
荷物を預けるのが8時でゲート入りが8:35だったので、100均カッパを着用。腕部分もあるので、暖かかった。ゲート入り直前まで役に立ってくれました。

IMG_1605スタートブロックがまさかのAだったので、周りが速そうだったらどうしようと思ったけど、意外と人数がいたので速い人は前のほうにいたようで、私の周りはまだ大丈夫でした。

スタートからしばらくは、回りが速いので、ガーミンでキロ4:50くらいになるように自重しながら走っていたつもりが、気がつくと4:30だったりしました。

今回は、ジェルやサプリをこまめに摂る予定だったので、5キロごとに走った感じでした。落ち幅が少なかったのは、きっちりと必要なものを摂ったからと思うけど、エイド滞在時間が若干伸びるという欠点もありますね。

そうこうするうちに、8キロ地点で3時間15分のペースランナーに抜かれました。って、そこまでが速すぎ。

15キロ地点で膝痛が出てきたので、20キロでロキソニン投与。効果抜群。
おかげで完走出来ましたが、薬が切れた帰りの駅では階段が辛かったです。

IMG_1609毎回、気温の上がるレースでは胃痛に悩まされるので、対策としてエイドごとに水を体にかけ、途中で総合胃腸薬のスクラートを摂りました。
また、足のつり予防として、2RUNを20キロと30キロで摂取。なんとか持ったかな。

25キロくらいでお腹空いた感じがあった。この手前でもっとジェルを摂るべきだったかなとも思います。タイムを見て、キロ5:10くらいだったので、焦ってペースをあげようとするけど、体が若干重たく感じて頑張っても上がりませんでした。ここで3時間半のペースランナーに抜かれました。

30キロで「ここでジョミ」を摂ると決めていたので、それを楽しみに走りました。やっと30キロに到着、ジョミは摂った瞬間から効くので、気合は入ったけど、今までのペースをキープするのがやっとでした。苦しかった。

35キロで予定どおりカフェイン入りショッツを摂ったところ、これは効果抜群。徐々にペースを上げることが出来、回りの人が抜けるようになっていました。ってことはやはりハンガーノックだったのかも。

35キロ以降、キロ4:50から5:10の間でペースを保ちながら走っていると、回りの人がどんどん抜けました。やはりみなさん最後はバテるんですね。自分だけじゃないってことが判って安心しました。結局、30キロ以降で500人抜いてました。

シューズはTAKUMI練。薄いから足裏が痛いかと思いましたが、裸足ランの吉野さんに教わった自転車走法を思い出しながら走ったので、なんとか足裏の痛みは我慢できました。

IMG_161140キロ通過が3時間20分。また別大40キロの関門にかかってしまったなと思いながらラストスパート。ジョミを摂る予定でしたが、そのまま一気に行ってしまいました。手元の時計で3時間33分。ここは33秒を狙うべき?とおもったけど、回りの人を抜いて順位を上げるほうを優先してしまい、3:33:09でゴールでした。

海響マラソンで3時間半を切った時は、直後に吐きそうになるくらい疲れてたけど、今回はそのまま普通に歩けました。もうちょっと突っ込むべきだったのかなぁ。

ということで、今回のことを踏まえた海響の対策
スタート前
起床は3時40分。
テーピングは足裏、足首、ふくらはぎ、腸脛靭帯をやる。
(あまりがっちりすると足が暑いので注意)

4時半に朝食。
バス移動中はカステラ摂取。
8時にVESPA、つりどめ、胃薬、ロキソニン

寒そうなら、カッパとビニール袋を準備しておく。
持って走るもの()内数値は個数。後ろの数字は摂るタイミング。
アミノバリュー(3) 5 15 25
塩熱サプリ(6)15 30 2個づつ
ジェル(3) 10 20 30
クリフジェル(カフェイン入り) 35
ジョミ(2) 30 40
スクラート、ガスター10、ビオリズム(胃薬) (2) 20
ロキソニン(2) 20
芍薬甘草湯(2) 20

2012海響マラソンレポート:ともちゃん

年齢: 47歳
性別: 女性
走歴: 2年

マラソン完走回数: 1回

2012年の完走タイム: 5時間29分43秒

【月間走行日数】     12日/月

【月間走行距離】
年間平均: 80km/月
最長  : 30km/月
最短  : 5km/月

【練習内容】
良かったと思うこと
トレラン
6時完走
試走会

【生活習慣】
日常生活の中で食事や睡眠その他気を付けたこと
体重が少しでも減らせるよう食べ過ぎに気を付け、そして野菜から摂取するようにしている

レース前、レース中に気を付けたこと
レース前、アルコール摂取は控えめにした
前日は早めに就寝したが緊張のあまりなかなか寝付けなかった
レース中はサプリメントや痛み止め等々をウエストポーチに入れて準備したが、結局完走することに必死で何も使わずゴールしました

【レース内容】
うまくいったと思うこと
多くの仲間と一緒に30キロ地点まで走り、その後数人の仲間と進み、時々励ましあい、冗談で気を紛らわしながら最後は4人でゴールしました。おかげで楽しく、そして仲間の大切さを実感したところです。

失敗したと思うこと
準備不足で時計を忘れてしまいました。とりあえず一緒に走った仲間に時間を聞く羽目になってしまいました。

【その他】
昨年は、何をどうしていいかわからないままの初マラソンで、皆さんからのアドバイスや練習を一つずつこなしながらの1年でした。
当日もゴールできるのか不安でしたが、「大丈夫」という言葉に勇気をもらってのスタートでした。無事にゴールできたのは周りの皆さんのおかげだと思っています。
ことしは昨年より月間の距離も増え、オプション練習会に参加し、少しでも楽しく走れるよう、そして少しでも早いタイムでゴールできるように楽しみながら走ってます。

2012海響マラソンレポート:マリリン

年齢:34
性別:女
走歴:2年目

マラソン完走回数: 2回

2012年の完走タイム: 4:18:24  (ネット 4:15:34)

【月間走行日数】 10~12日/月

【月間走行距離】
年間平均: 90km/月
最長  : 150km/月
最短  : 50km/月

【練習内容】
良かったと思うこと
・なるべくOP練習に参加して、練習日数を増やしたこと。
・夏から始めたトレランを利用して、気分転換しながら一年を通じて走れたこと。
・走る気分でない日や体調の良くない日は無理して走らなかったこと。

良くなかったと思うこと
・距離より時間で走っていたので、1回の走行距離が短かったこと。
・練習会以外は1人で走ることが多かったので、なかなか長時間走れなかったこと。

【生活習慣】
日常生活の中で食事や睡眠その他気を付けたこと
・特になし

レース前、レース中に気を付けたこと
・レースの3日前からカフェインを控えた。
・レース前日は寝られなくても気にしない。
・レース中はなるべく会話をして、走ることだけに集中しなかった。

【レース内容】
うまくいったと思うこと
・前半は同じブロックの人と一緒に走って、ペースを抑えた走りが出来たこと。
・終盤1人になったとき、残りは練習会1回分など、気分転換ができたこと。

失敗したと思うこと
・エイドで素麺以外は飲み物しか取っていなかったので、最後はエネルギー切れになった。

2012海響マラソンレポート:あいあい

※年齢・回数・練習内容の良い点等はすべてH24.11時点でのものです。

年齢:43
性別:男
走歴:約2年

マラソン完走回数:2回

2012年の完走タイム:3時間20分

【月間走行日数】 日/月:約20日/月

【月間走行距離】
年間平均 :約150km/月
最長   :290km/月
最短   :118km/月

【練習内容】
良かったと思うこと

① 月曜日のインターバル 1,000m1本+800m1本+600m1本+400m1本+200m×4本
② 水曜日のビルドアップ走 5kmごとに1分アップ(例:23分、22分、21分)
③ 土曜日のロング走20km※①と②を毎週繰り返したこと。③は毎週はできませんでした。

良くなかったと思うこと
①たばこが止められなかったこと(練習とは関係ありませんが…)

【生活習慣】
日常生活の中で食事や睡眠その他気を付けたこと

○ レース週は、キムチやわさびなどの刺激物の摂取をかなり抑えました。
○ 睡眠では、枕を高くし、柑橘系の芳香剤を置いて熟睡に努めました。また自分の入眠パターンであるベッドからのビデオ鑑賞にも努めました。レース前、レース中に気を付けたこと
○ レース前の給水のし過ぎのためレース中にトイレに行きたくならないように気をつけました。
○ スタート地点で身体が冷えないよう、制限時間直前まで並びませんでした。

【レース内容】
うまくいったと思うこと
○ 初出場のため緊張していたのですが、スタート時、たまたま知り合いと出会えたので、語り合え、リラックスできました。
○ 維新ランナーズで試走していたので、後半のコースの傾斜等が把握できており、精神的には楽でした。

失敗したと思うこと
○ 初出場ということ、スタートがAブロックからだったこともあり、雰囲気に呑まれて前半を飛ばしすぎました。そのつけが後半にきたような気がします。
○ 後半の彦島大橋の風があそこまで強いとは予想していなかったので、帽子をかぶっていったことを後悔しました。帽子が飛んでいかないように押さえることに神経を使いすぎてしまいました。

2012海響マラソンレポート:にごくん

年齢:56
性別:男
走歴:1年

マラソン完走回数: 1 回

2012年の完走タイム: 5時間18分42秒

【月間走行日数】     20 日/月
【月間走行距離】
年間平均: 150 km/月
最長  : 206 km/月
最短  : 117 km/月

【練習内容】
良かったと思うこと
8月末のセミナーパークの4時間走:8周×3km=24km 初めて20km以上を走る
10月初旬の試走会:きついを言われる彦島コースが体感できて少し自信ができる
10月中旬に自主的に30km走を実践して3時間半位で走れたので完走が見えた

良くなかったと思うこと
なし

【生活習慣】
日常生活の中で食事や睡眠その他気を付けたこと
バランスのいい腹8分の食事:ジョグとの併施で15kg以上の減量に成功
睡眠のゴールデンタイム(22時~2時)を含み最低6時間取った

レース前、レース中に気を付けたこと
時計を見ながら7:30/kmペースの維持

【レース内容】
うまくいったと思うこと
最初5kmを遅めに入り10km区切りで  起→承→転→結を意識

失敗したと思うこと
なし

【その他】
現地までの送迎バスを仕立てて頂いたことはGood

2012海響マラソンレポート:Q

年齢:44
性別:F
走歴:1.5年

マラソン完走回数: 1回

2012年の完走タイム:4時間48分40秒(ネット4時間43分15秒)

【月間走行日数】 13日/月
【月間走行距離】
年間平均: 100km/月
最長  : 160km/月(2012年10月)
最短  : 50km/月(2013年3月・風邪をこじらせて寝込んでしまったため)

【練習内容】
良かったと思うこと
★ OP練習会に積極的に参加して長い距離や山坂を経験したこと。
★ 8、9、10月にそれぞれ1回ずつ、ひとりでロードのハーフを走ってみたこと。

良くなかったと思うこと
★ 特に思いつきません。

【生活習慣】
日常生活の中で食事や睡眠その他気を付けたこと
★ 特にありません。普段どおり。

レース前、レース中に気を付けたこと
★ 常にペースに注意する(とばしすぎない)。
★ 歩かない。ゆっくりでも走り続ける。

【レース内容】
うまくいったと思うこと
★ 痛みがほとんどなかった(脚、お腹など)。
★ エイドが適切にとれた。

失敗したと思うこと
★ 復路の彦島トンネル手前のエイドで初めて立ち止まって膝の屈伸をしたところ、両下腿前面がつってしまい、残りの5キロが非常に辛かった。特に最後の橋の上りで足首を強く屈曲させるようになるところは死にそうだった。。。。

【その他】
初めてのフルマラソでしたが、5時間切りを目標に、ペースを6分40秒/キロと決めて臨みました。実際にはそれから数秒は遅れましたが、奇跡的に目標どおりに走れました。
初めてフルを走ってみて、よかったなと思った点を挙げてみます。

① 先輩方のアドバイス
持ち物の準備についてもたいへん参考になりましたが、特によかったと思うのは【とにかく前半に飛ばさない】というアドバイスです。序盤は気分が高揚してと かくスピードが出そうになりましたが、常にそのアドバイスを胸に楽すぎるかなというくらいで抑えて走れ、結果最後まで淡々と走り続けることがきたと思いま す。

② 維新ランナーズの仲間
スタートしてしばらくしてから、メンバーのIさん、Sさんとたまたま一緒になり、彦島に渡るまでご一緒しました。
お二人とはほとんど面識がなかったので、維新ランナーズメンバーのサガというのか、思わず自己紹介などしつつ最初の折り返しまで楽しく走りました。
そこからは、ペースが出すぎてるよ、などと声をかけていただいたりして、一人では前のめりになりがちな気持ちも冷静にすることができたと思います。
また、折り返してきた速いメンバーの皆さんを一生懸命探して声をかけたり、海響の名物ランナーさん(ドラえもんさん)といろいろ話したり、とにかく前半は楽しく、また余力を残しつついい具合に走れました。

③ 時計
現在のペースが分かる時計が大変役立ちました。自分の感覚だけではきっと無理しすぎることになったと思います。
30キロくらいからあとはもうひたすら走れるように走るのみで、ほとんど時計は見てないと思いますが。

④ 試走会
実際のコースで経験者の皆さんからそこここのポイントを教えていただいたり、上り坂の具合を確かめたりできたので、本番ではずいぶん気が楽だったと思います。
コースを確かめるだけでなく、長い距離を走る練習にもなりました。

⑤ 十種ヶ峰登山マラソン
番外編としてこのレースを挙げます。
私も昨年8月に参加してひどい目に遭いましたが、その後見る坂道がすべてちゃんちゃらお笑いに感じられるようになる効能があります。
彦島大橋の長い上り坂も遠目に見た感じでは、で、何?なんなの?それで坂なの?ウケるって思えます(実際走ったらそうとうなものでしたが・・・・)。